スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなの問題。

今日もまた学校へ脅迫電話をして、二人の若者が捕まった。

犯人はそこの学生。
動機は「早く学校から帰れると思ったから」だという。

またか、と思う。
そして、あまりに独り善がりな行動でダサい。

インターネットや電話で簡単に第三者を脅迫する。
そんなニュースがある度に、どうしてこんなことをするだろうと呆れてしまう。

考えながら、僕が思ったひとつの結論は、
「若者に想像力がないんじゃないか」
ということ。

多分、彼らにはゲームやインターネットで「妄想力」はあると思う。
でも、「想像力」はないんじゃないか。

物事というのは合理的に動いている。
ご飯を食べれば、お腹が満たされるし、
石を投げれば、どこかにぶつかるし、
歩けば、疲れてくる。

脅迫電話をすれば、逮捕される。
そして、沢山の人に迷惑をかける。

原因と結果の法則じゃないけれど、当たり前なことだ。
だけど、当たり前のことが当たり前にできていない。

想像力がないわけじゃないだろうと思いたいけれど、あまりに多くの若者が後先を考えずにやる。

一番悪いのは、やったやつ。
次に悪いのは、親。
その次は、学校。

騒ぎ立てるメディアもどうかと思う。

こういうことが起きたら、メディアに伏せて、学校と親がガリガリと叱る方がいいんじゃないか。

体罰を避け、叱るのを辞め、かばいもせず?
大人が愛をもって接する機会が失われている気がしてならない。
だから、こんなくだらないことが簡単にメディアに出てしまうんじゃないんだろうか。

子どもの恥は親の恥。

若者には当たり前なことを当たり前にやってほしい。
大人には、恥を知ってもらいたい。

そう思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

プラト


    NAME: Masatoshi
    LIVE: Aomori city, Japan
    engineer/ study chinese/ travel/ reading/ movie/ coffee/ chocolate/ apple's/ airplane/ law/ philosophy/ radio/ blood donation

    クリックで救える命がある。

    Instagram
    リンク
    ブログ内検索
    カテゴリ検索
    最新コメント
    タグ
    メール

    Name:
    Address:
    Title:
    Message:

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    地域情報
    1617位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    東北地方
    189位
    アクセスランキングを見る>>
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。