スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊かな時間について

サービス(CS)向上のためという名目で
スピードアップを目指すお店は今や珍しくなくなりました。
人との接点が希薄で、従業員が代替しやすくなったお店ばかりでいいのか。
苦言を少し。

僕は、お客様に対する過度なスピードアップに反対派です。

スピードアップは機械に対して行う(=合理化)もので、人に対して行うものではないというのが僕の考えです。

人間関係は極力、合理的であることを避ける必要があります。
合理的を突き詰めると、どんな形になるか。

僕は、人に対するサービスには「適正な早さ」があると思っています。

ファーストフード店やコンビニの接客を浮かべてみましょう。
機械に代わっても構わないような従業員の業務。
あまりに極めつけの人は、まるで機械かと思うような動きをします。

決まった動きと、決まった文句。
子どもでも老人でも、悲しい人でも楽しい人でもお構いなし。
本人たちのモチベーションが下がっているからいつも無表情。
どちらにとっても豊かな時間を感じられない場が出来上がります。

素晴らしいサービスを体験したお店を浮かべてみて下さい。
そういう店が守っているのは「時間」です。
時間を守るために、演出や環境を整えています。

豊かな時間が心の豊かな人間を作り、貧しい時間が心の貧しい人間を作ります。

貧しい時間が溢れる今だからこそ、少しでも豊かな時間を意識して欲しいなと思います。

どの人にも、限られた時間しか与えられていないのですから。
関連記事

テーマ : 言霊(格言・名言・自分の考え)
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

プラト


    NAME: Masatoshi
    LIVE: Aomori city, Japan
    engineer/ study chinese/ travel/ reading/ movie/ coffee/ chocolate/ apple's/ airplane/ law/ philosophy/ radio/ blood donation

    クリックで救える命がある。

    Instagram
    リンク
    ブログ内検索
    カテゴリ検索
    最新コメント
    タグ
    メール

    Name:
    Address:
    Title:
    Message:

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    地域情報
    1930位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    東北地方
    203位
    アクセスランキングを見る>>
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。