協力することだ。

混迷、混迷、混迷。

自民党は内部から混乱し、
民主党は揚げ足とり。

企業は生き残るために労働者を切り、
労働者は衣食住をなくす。

お金がないから買えない、
買ってもらえないから倒産する。

家族は離散し、
若者は家庭も持てない。

ある国の失敗が世界中に飛び火した。

世界はよくも悪くもつながっているのだ。

日本だけが大変なんじゃない。
右も左も大変なのだ。

こんな時にどうするべきか。
どうすべきと考えたか。

メディアはリーダーを責めるけれど、
リーダーが変われば解決するわけじゃない。

メディアと踊るな。
幻想を抱くな。

今、大事なのは何か。
あなたが批評家になり、
向こうに文句を垂れることじゃないのだ。

誰もが手を取り、助け合い、
協力することなのだ。

ワガママ、個性に走りすぎて、
周りと協力することを忘れてやしないか。

ひとりで力を出しても限界がある。
周りと協力すれば、
それ以上の力が出る。

それが社会の力、団結の力、協力の力なのだ。
学校で習ったはずだ。

今は、
日本の力を集めて建て直すのだ。
日本という国を。

企業はボーナスを消し、
給料を減らしてでも、雇用を守るのだ。

政治は党を超え、国民を守り、このピンチを乗り切るのだ。

それが本道ではないか。
困った時はお互い様。

日本が落ち着いたら、周りの国にも手を差し伸べるのだ。

物事には、筋がある。
物事には、順序がある。

あまり騒がしいので、
ふと文句が言いたくなった。
関連記事

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

>らんさん

こんにちは。

どこかで読んだ本の中に、
「一億日本国民、総セレブ化」
という言葉がありました。

その中身というのが、
仕事はあってもそういうのはイヤ、
食べ物はこういうのでなくてはイヤ、といった
贅沢気ままから物事が固められつつあるということでした。

「今、選べる立場にない」ということが自覚できない、
そのレベルより下はどうあっても受け入れない、
そういうスタンスですね。

テレビを見ていると、
テレビのふぬけたいい加減さにもうんざりしますが、
それをそのまま受け入れてしまって、
自分は批評家で良いのだ、参加しなくてよいのだという
何だかもっともらしい屁理屈が
一人一人に通っているように思えて仕方ありません。

これも総セレブ化と関係があるのかな、と。

大事なことは、シンプルで恥ずかしいもんだ。
どこかで真理を忘れないように生きていきたいと思っています。

納得です。

「世相」ですね。

個人的には
「生かされている」
「与えられている」感覚を
忘れてはいけないと。
でも、周りが騒がしいと、
「無」になる方が
得策だったりして、
それもよろしくないなあ、と。

頭がもやもやして
うまくまとまりません。
(ごめんなさい)
自己紹介

プラト


    NAME: Masatoshi
    LIVE: Aomori city, Japan
    engineer/ study chinese/ travel/ reading/ movie/ coffee/ chocolate/ apple's/ airplane/ law/ philosophy/ radio/ blood donation

    クリックで救える命がある。

    Instagram
    リンク
    ブログ内検索
    カテゴリ検索
    最新コメント
    タグ
    メール

    Name:
    Address:
    Title:
    Message:

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    地域情報
    1533位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    東北地方
    181位
    アクセスランキングを見る>>
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する