立読み『嫌日流』

本屋で『嫌日流』というマンガを立読みしました。

韓流ブームの中で売れに売れたマンガ『嫌韓流』。

簡単に言えば、韓国のつきつける日本観を、ひとつずつ根拠を提示しながら反駁していくマンガです。

内容が問題視され、出版社が見つからなかったなんていう、オマケ的なエピソードもあった一冊です。

その『嫌韓流』を読んだ韓国のマンガ家が、韓国人の主張として出版したのが『嫌日流』。

議論として、反論として、大いに関心を持って読み始めました。

韓国にだって主張はあるでしょう。

日本人が政治に関心薄く、政府の軍事的な流れを止められない危険を抱えているとの指摘があり、そこでは僕も頷きました(心の中でですが)。
が、その後、ガックリきて手放しました。

勢いに乗って、根拠のない事実が混じってきたからです。

なぜウソをつくのか。
反論に、ウソは許容されると考えるのか。

内容は敢えて書きませんが、それでいいのか?大韓民国!と思いました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

プラト


    NAME: Masatoshi
    LIVE: Aomori city, Japan
    engineer/ study chinese/ travel/ reading/ movie/ coffee/ chocolate/ apple's/ airplane/ law/ philosophy/ radio/ blood donation

    クリックで救える命がある。

    Instagram
    リンク
    ブログ内検索
    カテゴリ検索
    最新コメント
    タグ
    メール

    Name:
    Address:
    Title:
    Message:

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    地域情報
    578位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    東北地方
    82位
    アクセスランキングを見る>>
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する