秋田のブログの意義

20090503
※画像はクリックで拡大できます。

憲法記念日。
秋田市の天気は曇り。
最高気温18℃。
とても過ごしやすい一日です。

久しぶりにブログを片付けてみたら、
今日のアクセスは東京からがめっぽう多い。
(普段はもちろん、地元秋田のアクセスが中心。)

察するに、帰省や旅行で秋田を狙っていて、
帰れなかった方たちがアクセスしてきているのかもしれない。


秋田のブログを考える時に、
僕がどうしても外せないテーマがある。
それは、「秋田の日常を見られること」

秋田をいったん離れて気づいたけれど、
実は、インターネットで調べられる秋田には限界がある。

観光地の住所やニュースは、もちろん見つけられる。
美の国秋田ネットや、あきたファン・ドッと・コム
NEMARE秋田魁新報社秋田経済新聞など。
食べ物などの口コミを紹介するサイトもある。

でも、ごく普通の秋田の景色や空気を感じられるサイトが少ない。

遠く離れていると知りたいのは、
今日や今さっきの景色の、
秋田の駅だったり、太平山だったり、
国道だったり、近所の店だったり。

暮らしている人にはどうでも良い
(というか、馴染んでしまって景色とも呼べない)
景色だったりする。

 ちょっと脱線するけれど、
 niftyがやっているデイリーポータルZ
 「ちょっと見てきて」はそういうニーズを掘り起こしていて面白い。
 (もし秋田駅周辺に関する投稿があったら協力しようと思っています。)
 また、大都市ならGoogle Mapストリートビューもあるだろう。

当たり前の中で通り過ぎてしまう景色だけど、
そんな景色が遠くにいる人にとっては嬉しい一枚だったりする。

そういうのを求めると、意外に見つからないもので、
結局辿り着くのは個人のブログ。

それっぽいブログを見つけると、すごい期待感!
(この思い、伝わるかなー)

そう言う視点に応えられるブログだと、きっと重宝すると思う。
(少なくとも遠く離れてしまった時の僕には。)

そういうブログが秋田にはあってほしいなと思っている。
特に、県外流出が多いお国柄だからこそ。


ということで、「哲学カフェ:秋田館」では、
どうでも良さそうでどうでも良くない写真を掲載したいと思います。
(空の写真ばかりじゃつまらない?)

あと、もしご希望があれば、
秋田駅からそう遠くない場所であれば、何かのついでに
一枚くらいは撮りに行ってくることもあるかもしれないです。
(特に、ネットでは見つからないような、
どうでも良くてどうでも良くない景色の場合。)

そういう、うちのブログの思いでした。
これからも、よろしくお願いします♪

※写真は、ただ今のどうでも良くてどうでも良くない一枚。
 少し先には秋田市の一つ森公園があります。
関連記事

テーマ : +秋田県+
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

>みかんさんへ

こんばんは。
そうですね、写真って、絵画と似て「見る人が意味づけする」
という側面もある気がします。

秋田に長期滞在できたようで、
ひとまずよかったですね!
ぼくも経験がありますけれど、
あっちの感覚で秋田の計画を立てると、
どこもかしこも回れないんですよねー。
(距離のせいなのか、雰囲気のせいなのかわからないけれど。)

当たり前のようになってしまったこの時期だけれど、
もっと楽しんでみます。
ありがとうございます♪

どうでもいい風景

結局、どうでもいい風景というのはないのかも。
写真撮る時って何か考えちゃってるけど、考えなくていいのかも・・とちょっとだけ思いました。

GWは秋田に帰りましたが、この時期はいいですねぇ・・・ほんとに。
いつもより長く秋田にいたのですが
結局行けない場所ばかりで、欲求不満。
プラドさんに期待してます。いや ほんと。
自己紹介

プラト


    NAME: Masatoshi
    LIVE: Aomori city, Japan
    engineer/ study chinese/ travel/ reading/ movie/ coffee/ chocolate/ apple's/ airplane/ law/ philosophy/ radio/ blood donation

    クリックで救える命がある。

    Instagram
    リンク
    ブログ内検索
    カテゴリ検索
    最新コメント
    タグ
    メール

    Name:
    Address:
    Title:
    Message:

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    地域情報
    2226位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    東北地方
    240位
    アクセスランキングを見る>>
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する