竿燈(かんとう)の練習風景

20090716204846
秋田駅では、竿燈(かんとう)まつりの練習中。
そうか、もうそういう季節か。

お囃子の音楽の中、黙々と演技。
竿燈は50~60kgもあります。
大きくて、重い。

今年は平日、8月の3~6日に開催します。

あと1ヶ月!
練習がんばれ~。
関連記事

テーマ : +秋田県+
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

>らんさんへ

いらっしゃいー。
夏休み、お盆に取れたの?
あ、そっか!
(ごにょごにょ)

みんなで記念撮影しましたねー。
(大昔の話だけれど!)

私書箱、こちらから試してみたら大丈夫でしたよ。
もう一回試してみて下さい!

あ、添付しているメールアドレスに送ってもいいですよ。

>yuriさん

いらっしゃい。
そちらは気候いかがですか?
秋田はじめっとしていやーな感じです。

地元で竿燈、ご覧になったんですねー。
確かに竿燈は「この後、どうするんだ?」的な要素がありますよね。
普通のお祭りと言えば、賑やかで力強いけれど、
竿燈は飄々としていて、女性的な一面もありますもんね。

本場は、何十本もの竿燈が一つの通りで一斉に上がります。
昔のブログの中でも紹介していますけれど、
本当に稲穂が揺らめいているように見えるんですよ。

僕も何だかんだ言って毎年一日は見ています。

ぜひ一度、本場の竿燈を♪

>hareさん

いらっしゃいー。
混むんだよねー。
あの中に立つのってどんな気分??
すごい珍しい体験だよね!

No title

竿燈!
何度見てもおみごとですね。

残念ながら、その時期には
夏休みが取れませんでした。
翌週となります。

私書箱:リンク無効で使えませんでしたよ。
タイミングが悪かったのかな?

No title

数年前、『日本の祭り』と言うコンセプトで日本中の祭りが地元に集結しました。

その時初めて竿燈祭りの本物を見たのです。。。感動ものです。
「あれをどうやって持ち上げるんだ?」「その後どうするんだ?」

としなくていい心配(^_^;)と驚きと感動が入り混じった状態で拝見させていただきました♪

でも。。。やっぱり本場で見たいですなぁ~^m^♪

No title

去年、竿燈を上げたのが懐かしい~
今年も予定が合えば、行きたかったなぁ
自己紹介

プラト


    NAME: Masatoshi
    LIVE: Aomori city, Japan
    engineer/ study chinese/ travel/ reading/ movie/ coffee/ chocolate/ apple's/ airplane/ law/ philosophy/ radio/ blood donation

    クリックで救える命がある。

    Instagram
    リンク
    ブログ内検索
    カテゴリ検索
    最新コメント
    タグ
    メール

    Name:
    Address:
    Title:
    Message:

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    地域情報
    1525位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    東北地方
    168位
    アクセスランキングを見る>>
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する