スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもに対する教育の本分

こんばんは。
今日のニュースをインターネットで見ていたら、
秋田県、また全国学力調査で上位とのこと。

そこで、どんな試験なのかを(今さらですが)調べてみました。
 対象:小学校六年生、中学校三年生の公立学校生
 科目:国語と算数(数学)

また、科目はAとBに別れていて、
知識力を問うAと、活用力を問うBがあるのだとか。
…つまり、基礎と応用?

そこまで調べて、率直な感想。
なぜ国語と算数(数学)だけなんだろう?
高校生も国語と数学は全国で上位ということ??

常に上位と聞いていたので、素晴らしいことだと思っていましたが、
それが国語と算数(数学)の結果のみと聞いて、少々がっかり。
基礎五教科の学力が総じて高いというわけではないんですね。

ふと、思ったけれど、テストが近くなると、
国語や数学ばかりに別時間を割こうとする学校、
実は出てきているんじゃないのかな?

さて、うちにも学力テストを受けた現中学生の姪っ子がいますが、
彼女、毎日、宿題がすごかったのだそうです。
(実際の量を見ていませんけれど…)
また、知人の小学校低学年の子は、既に補習があると言っていました。
上位はいいけれど、熱意もここまでいくと行き過ぎでは…?

僕が小学生の時のことを考えてみると、
宿題なんてちょこっとしかなかったし、
やってなくても何とでもなっていた記憶があります。

「秋田、気合いを入れすぎていない?」

秋田の教育委員会や小学校6年生の担任、中学校3年生の担任は、
卒業イベントの前にこんなイベントがあって、
多忙とストレスで大変なんじゃないかと思います。
(最近の親なら、いらぬ期待とプレッシャーをかけてきそうですし…。)

小さいうちからしっかりと「読み書きそろばん」ができるのは大切。
でも、やりすぎて食傷気味になるようでは、本末転倒…。


学力が高いことは素晴らしいことです。
でも、学力テストの結果が全国で上位になること自体は
目標ではなく、ただの通過点。
関係者や親御さんはぜひ、子どもの何のために学力を高めているのか、
そして、高まった子どもの学力をどうするのかについて
一歩でも二歩でも先を考えてもらいたいと思います。

それが、子どもに対する教育の本分です。
関連記事

テーマ : +秋田県+
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

プラト


    NAME: Masatoshi
    LIVE: Aomori city, Japan
    engineer/ study chinese/ travel/ reading/ movie/ coffee/ chocolate/ apple's/ airplane/ law/ philosophy/ radio/ blood donation

    クリックで救える命がある。

    Instagram
    リンク
    ブログ内検索
    カテゴリ検索
    最新コメント
    タグ
    メール

    Name:
    Address:
    Title:
    Message:

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    地域情報
    2069位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    東北地方
    226位
    アクセスランキングを見る>>
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。