つながりあう行為

30代になって、よく墓参りをするようになった。

自分の親にはその親がいて、さらにその親がいる…。
そんな当たり前なことを何代も繰り返しながら何千という年月を経て今の自分がいる。
長い世代のつながりや、自分という存在のルーツの片鱗に
出会えるのが墓参りだと思うようになった。

時代は違えども、どの先祖もきっと僕のように悩んだだろうし、僕のように笑っただろう。
そう思うと、先祖や墓参りは何だか分からないものなどではなく、
ごく身近な存在でごく身近な行為であると思える。

そういう全ての思いをひっくるめた象徴として、墓がある。
僕らにつながったものを表す象徴としての墓。

また、今、縁のある人とは、昔々にも縁があったのかもしれない。
そう思うと、決して自分の家だけではなく、
その大事な人の墓も大事なものなのだと思えてくる。

墓石なんて小さなものだけれど、そこにつまっているものはずっとスケールが大きい。

行き、墓前に立ち、手を合わせる。
ただそれだけの行為でいいと思う。
ただそれだけの行為で、そういう深みとつながりあえる。

だから僕は墓参りをする。
関連記事

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

プラト


    NAME: Masatoshi
    LIVE: Aomori city, Japan
    engineer/ study chinese/ travel/ reading/ movie/ coffee/ chocolate/ apple's/ airplane/ law/ philosophy/ radio/ blood donation

    クリックで救える命がある。

    Instagram
    リンク
    ブログ内検索
    カテゴリ検索
    最新コメント
    タグ
    メール

    Name:
    Address:
    Title:
    Message:

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    地域情報
    1617位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    東北地方
    180位
    アクセスランキングを見る>>
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する