鳴る神の…

鳴る神の 少し響(とよ)みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ

雷がゴロリと鳴って曇ってきたから、雨も降ってくれればあなたを留めることができるのかしら


その返歌。

鳴る神の 少し響(とよ)みて 降らずとも 吾は留まらん 妹し留めば

雷がゴロリと鳴って雨が降らなかったとしても、君が留めようとすれば私は留まるよ

万葉集、柿本人麻呂歌集より。

(『言の葉の庭』より。)


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

プラト


    NAME: Masatoshi
    LIVE: Aomori city, Japan
    engineer/ study chinese/ travel/ reading/ movie/ coffee/ chocolate/ apple's/ airplane/ law/ philosophy/ radio/ blood donation

    クリックで救える命がある。

    Instagram
    リンク
    ブログ内検索
    カテゴリ検索
    最新コメント
    タグ
    メール

    Name:
    Address:
    Title:
    Message:

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    地域情報
    1809位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    東北地方
    188位
    アクセスランキングを見る>>
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する