いつかまた会えますように

朝、新たなアパートの鍵を借りる。
大したことないアパートなのに、ディンプルキーなんだ、今って。

景色のつまらない高速は、平日は割引もないと言うし、くたびれるのは分かっていたけど、つい、また秋田を横断するルートで山形へ向かう。

ひたすら、南へ。

結局、移動というのは旅で。
好きなところを走るのが、一番時間を大切にしていることなんじゃないかと思う。

車を走らせながら、ホテルにいたかわいらしいフロントの女の子を思い出す。

あがり症なのか、話すと緊張する仕草がいかにも素直そうで、感じがよかった。
ホテルとしては滞るコミュニケーションはサービスの低下と見るんだろうけれど、ああいうのは、いい。

男はこういう女性のしぐさに惹かれるんだなとぼんやりと思った。


あまりに東北に長いせいもあって、その土地土地の性格を暗に考えてしまう。

秋田人は隠しきれない根暗な面があって、山形人は自己肯定を求める向きがある。そして、青森人は見た目とは裏腹に根が明るい。

そういえば、更に北の北海道人は抜けるように明るい。

そんな類型化なんてと思うけれど、生きてきた中で例外があまり見つからないところを見ると、当たらずとも遠からずなんだろう。

様子見などせず、まっすぐに人を見つめるという美しさを思う。

いつかまたあの子に会えますように。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

プラト


    NAME: Masatoshi
    LIVE: Aomori city, Japan
    engineer/ study chinese/ travel/ reading/ movie/ coffee/ chocolate/ apple's/ airplane/ law/ philosophy/ radio/ blood donation

    クリックで救える命がある。

    Instagram
    リンク
    ブログ内検索
    カテゴリ検索
    最新コメント
    タグ
    メール

    Name:
    Address:
    Title:
    Message:

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    地域情報
    900位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    東北地方
    108位
    アクセスランキングを見る>>
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する