労を惜しまず

「哲学を学ぼうとすると、まず哲学史や哲学者から入ります。でも哲学の根っこはそこにないんです。捉えきれず、書物にするのも難しい。何十冊か読むと、ふと掴めてくるものなんです。労を惜しまず修めなければならない。だから何より面白いんです」
関連記事

テーマ : 自己表現
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

プラト


    NAME: Masatoshi
    LIVE: Aomori city, Japan
    engineer/ study chinese/ travel/ reading/ movie/ coffee/ chocolate/ apple's/ airplane/ law/ philosophy/ radio/ blood donation

    クリックで救える命がある。

    Instagram
    リンク
    ブログ内検索
    カテゴリ検索
    最新コメント
    タグ
    メール

    Name:
    Address:
    Title:
    Message:

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    地域情報
    2414位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    東北地方
    257位
    アクセスランキングを見る>>
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する