スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スプートニクの恋人』

・村上春樹著『スプートニクの恋人』(講談社)

近所の古本屋さんで購入。八割がたお風呂で読みました。
小説家を目指す「すみれ」と小学校教師の「僕」と「ミュウ」の物語です。

村上さんの小説を色々と読んで、僕はその都度思います。
「村上さんは何を伝えようとしているのだろう」
「村上さんは何を築こうとしているのだろう」
彼の小説はいつも「近いところ」に軸があるけれど、どの著書を読んでもその「近いところ」から先へ進めない気がします。
そこが彼の魅力なのかもしれません。

個人的には、恋愛に徹した彼の小説をまた読みたい。
そう思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

プラト


    NAME: Masatoshi
    LIVE: Aomori city, Japan
    engineer/ study chinese/ travel/ reading/ movie/ coffee/ chocolate/ apple's/ airplane/ law/ philosophy/ radio/ blood donation

    クリックで救える命がある。

    Instagram
    リンク
    ブログ内検索
    カテゴリ検索
    最新コメント
    タグ
    メール

    Name:
    Address:
    Title:
    Message:

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    地域情報
    2188位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    東北地方
    226位
    アクセスランキングを見る>>
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。