竹島問題について

竹島(独島)問題の報道を聞くたび、どうなるのだろう、どうするのだろうと気を揉んでいる。
先日、米国政府がホームページ上で韓国領土としていた竹島を、領土問題のある地域と変更し、韓国国内は沸騰。矛先の向けられた韓国大統領は、今日急きょ竹島を訪問。石碑を立てた。
調べれば、竹島は1952年から韓国政府が実行支配(準軍事占拠)してきたという。半世紀以上も、ではないか。その後に日本側がした対応はといえば、国際司法裁判所での解決模索のみ。それすらも韓国の不参加で流れている。
日本政府は問題を棚上げしてきすぎたのではないか。自民党は動かなすぎたのではないか。実行支配で領有権が得られる訳ではないが、日本がやるべきことをしてきていなかったのではないかと思わざるをえない。
先送りや棚上げは必ずツケが回ってくる。今までの先送りや棚上げに、福田総理はどう対処するのか。それとも再び先送りと棚上げか。
今後の流れをよく見ていきたい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

プラト


    NAME: Masatoshi
    LIVE: Aomori city, Japan
    engineer/ study chinese/ travel/ reading/ movie/ coffee/ chocolate/ apple's/ airplane/ law/ philosophy/ radio/ blood donation

    クリックで救える命がある。

    Instagram
    リンク
    ブログ内検索
    カテゴリ検索
    最新コメント
    タグ
    メール

    Name:
    Address:
    Title:
    Message:

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    地域情報
    2414位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    東北地方
    257位
    アクセスランキングを見る>>
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する