半休で満喫。

今日は午後休を取って、のんびり。
いやー。
散々忙しかったから、こういうのもいいなと思うのでした。

台風で青森も天気は朝から雨。
でも!
でも、浅虫水族館に行ってきました。



ガラガラだったので、貸し切りでイルカショーを見ちゃったりして♪

帰ってきてから、あすか寿司にて、回らないお寿司。

シャリはもうちょっと酢がきいて柔らかいと素敵かなと思ったけど、ホタテのプリプリさ!三厩のホヤの爽やかさ!ウニの水々しさ!
青森、すばらし!

ビールを飲みながらだったのに、4000円を割ってビックリ。
安いなぁと思ったのでした。

帰りがけ、ちょっとマルカイラーメンへ。
ここは、ラーメンという名の醤油うどんの店(笑)。
五回は来てみようと思って、二回目。
やっぱり、うどんで面白い。

さて、明日はアパートの鍵を借りてから山形へ。
引越しイベント発動です!

ああー、楽しい。


北の果て

東北の中で、一番好きなのは秋田。
その次はたぶん、青森だと思う。

東京から地続きでうんと遠いから。
そして、田舎地味たところが抜け切らないから。

地続きと言うのは面白いもので、巨大な東北の大地も、南へ下って関東へ近づくほど、関東カラーが濃くなっていく。
福島や郡山を見ると、ああ、これは東北じゃなくて、もう北関東だなとすら思う。

じゃあ、北海道が最高じゃないかと思われるかもしれないが、あれはもう地続きじゃないから、別天地なのだ。

日本国の北の果てと言うと、それはもう北海道に譲らざるを得ないけれど、この本州の北の果てといえば、間違いなく青森だ。

そして、北の果てという言葉は、地続きに黙って歩き続けた行き止まりが、元来の意味なんじゃないかと思う。

そういう意味で、北の果てたる青森。

驚くなかれ。
北の果てなのに、東京から新幹線、わずか3時間で着く。
飛行機とほとんど変わらない。

(だから、もっと時間のかかる秋田の方が田舎で好きなんだけどね。)

青森の旅は、そういう最果て感が盛り上げてくれるんだろう。

ホタテ、食べに来るといいと思うよ…
(まだ食べてない人より)

本日の青森市内散策

ちょっとだけ早く起きた。

ラーメン工藤:朝ラー

青森駅前:ちょびっと散策

青森県立美術館:シャガールと棟方志功

フェリー乗り場:北海道旅行を妄想

合浦公園:海岸散策と芝生で昼寝

焼きそば後藤 :大盛りなのに400円!

青森県立郷土館:青森を知る!

A-FACTORY:シードルごくごく

メモリアルシップ八甲田丸:船内散策

ねぶたの家 ワ・ラッセ:ねぶたを知る

スタバ:まったり♪ ←イマココ!

ホテルに帰って、お風呂で読書







工藤ラーメン(青森市)

朝、少し早めに起きたものの、ホテルの朝食会場は混み気味。
部屋で時間調整するのもなんなので、市場で朝食にしようかとフラついてはみたけれど、朝からウニ丼はさすがに(もう若くない)。

市場を出て、徒歩数分のところに、工藤と書いたラーメン屋あり。
まだ8時だと言うのに賑わっていたので入ってみた。

ここも戦後から続くラーメン屋さんらしい。
味は、塩や味噌などあれこれ置かず、醤油のみ。
大中小とあるから、中(500円)をひとつ。

縮れたプリプリ麺で、味はさっぱりとしたスタンダード。
油も浮いてないし、やっぱり青森の煮干だしの醤油は食べやすい!

ひっきりなしにお客さんが来る工藤。
これなら、朝にフラリと立ち寄ってみても悪くないですよ。



炭火焼きホルモンたつや(青森市)

今日の晩ごはんは、精をつけようと、ホルモン!

青森駅前のホルモン焼き屋さん、たつや。

焼肉屋さんっていいですよね。
あからさまに精をつけようという意図が踏まえられていて。
ホタテやイカといった刺身がいいのは分かっているけれど、ついつい焼肉。

ガツ刺しから入って、ホルモンにレバーにアスパラにニンニク。最後はおっぱい!生ビールに泡盛ロック二杯で4500円。
安くはなかったけど、ボリュームもあったし、まつ毛が長くて綺麗なお姉さんがいて、ちょっと幸せなひと時でした♪
青森も秋田に負けず劣らず美人が多いなぁと思う今日この頃。
(酔い過ぎ)

さて。
明日は何しようかな?

まるかいラーメン(青森市)

今日の晩ごはんはアスパムの目の前にある「まるかいラーメン」。

同僚がお気に入りだって教えてくれたので、行ってみた!

感想。
煮干だしのうどん!!
おもしろ!

これはねー、他じゃ食べられないよ。
すごいインパクト。

中華そばと呼ぶなら、まだ納得しようと思うけど、平然とラーメンと呼ぶから面白い。

こ、これが青森のすごさなのか…!

長尾中華そば(青森市)

スタバで『カラマーゾフの兄弟』を読んでから、夕飯を何にしようか考える。

パサージュでソーキそばかなー
パサージュで中華そばもいいなー

あ!長尾!

異動して来る前、同僚に『中華そば長尾』を教えてもらってたんだった!
青森の中華そばといえば、煮干しだし!

青森駅前から徒歩二分。
駅ビルLAVINAを出たら、すぐ見えるところにある『中華そば長尾』。

閉店が20:00だというので、19:00過ぎに入ってみました。

水と煮干しだけのあっさりもあるし、濃い煮干しラーメンもありました。
「濃いのが流行ってるけど、やっぱり中華そばといえばあっさりかなー」

あっさり(550円)をちぢれ麺で。
ライス、自由に盛りまくりで無料。

ラーメンは、さらっと入ってくるかなと思ったら、丼めいっぱいの150g。
少食の人には多いんじゃ?!(笑)
ちなみに、大盛りは倍の300gです。

さっぱりしていて、美味しい。
油は浮いてない。
これはごまかしがきかないし、素敵。
何より、麺の味がしっかり分かる。

個人的には好きな味でした。

480円で麺2/3~1/2くらいだと最強かなぁ。
少し物足りないくらいだと、益々気に入りそう。

今はやりのお土産用も売っていて、それを見ると濃い味の方でした。
濃い方が売れるのかな…

今日も青森を満喫!

夕飯は焼肉!

明日から青森なので、最終日の今日は、山形市は七日町の白壱さんで焼肉を食べてみました。





じゅうじゅうー

シロにハラミ、レバーに酢モツ、にんにく焼き。
美味しかったです。

本当はこの後、近くにある台湾料理のお店に行ってみようかと思ってたのですが、日曜定休日でした…。
残念。

でも、楽しかった!

山形の送別会

今日は送別会でした。

焼鳥屋を貸切の後、カラオケ、そして若手3人組とキャバクラ。

若い子たちが行きたがるから付き合うけど、キャバクラはあまり得意じゃない。
いる女性たちと価値観が合わないから、どうも楽しめない。

彼女たちは何を求めてここで働くんだろう?と思いながら話をしている自分がいる。
お店の売り上げを上げること?
ひょっとしたら巡り会えるかもしれない理想の男性を待って?

何人かの隣に座った彼女には悪かったけど、キャバクラの席を何となく眺めてた。
喉が渇いたといい、女性のドリンク代で売上を上積みしたり、隣の女の子を変えながら、残そうとする客の手数料を狙う。
最後はまた来そうなお客さんに名刺。

面白いビジネスだなと思った。

身銭を切って、いい勉強になったと思う。


山形市、最後の勤務日

おはようございます!
梅雨入りしたけど、ちっとも雨が降らないですね。

さて、今日は山形市での最後の勤務日です。
会社は月曜日もあるけれど、月曜日は有休を取って青森へ移動する日にしました。

山形は、10年以上過ごした茅ヶ崎や秋田とは違い、久しぶりの、知らない街での一からのスタートでした。

特に、済む場所が違うとこうも違うんだなと実感したのが、仙台や東京への出張の時でした。

慣れてしまえば当たり前ですが、仙台にはわずか千円一時間、東京へも一万数千円三時間という近さ。
同じ東北でも、こうも違うんだなと知りました。

また、山形は朝のスタバに行けたのも大きかったです。
毎日のように通って、国家資格をいくつも手に入れることができたし、何より、スタバのかわいいおねえさんたちとも顔見知りになれました!(笑)

今日でいったんおしまい。
夜は送別会に出てきます。

では、最後のスタバへ!

自己紹介

プラト


    NAME: Masatoshi
    LIVE: Aomori city, Japan
    engineer/ study chinese/ travel/ reading/ movie/ coffee/ chocolate/ apple's/ airplane/ law/ philosophy/ radio/ blood donation

    クリックで救える命がある。

    Instagram
    リンク
    ブログ内検索
    カテゴリ検索
    最新コメント
    タグ
    メール

    Name:
    Address:
    Title:
    Message:

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    地域情報
    1652位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    東北地方
    175位
    アクセスランキングを見る>>
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する